テクノロジー
展開

プラットフォームとデータをどこにでも展開できます

クラウドネイティブで、最初からどこにでも展開できるように設計されたステラサイバーは、あらゆるミッション要件を満たすことができます。マルチティア、マルチテナント、マルチサイトの機能が組み込まれています。ソリューションがセキュリティデータ戦略を決定するのではなく、戦略をサポートするソリューションを採用してください。

SIEM security

マルチティア、マルチテナント、マルチサイト

マルチティア

個別のプラットフォームコンポーネントとアクセスにより、顧客とユーザーに最適なサービスを提供します。 ステラサイバーの多層アーキテクチャにより、効率的なリソース共有が可能になるため、プラットフォームは運用上の要求に合わせて拡張できます。統合とセンサーは、データレイクから分散して展開し、あらゆるアーキテクチャを実現できます。きめ細かい役割ベースのアクセス制御(RBAC)を使用すると、ユーザーが必要なものだけを表示できるようにプロビジョニングできます。

IT Security

マルチテナント

顧客またはビジネスユニットのデータをステラサイバーのマルチテナントで共存できるようにします。成長を目指すMSSPや、セキュリティの展開方法を制御する必要のある複雑な企業に最適です。テナント専用の運用ビューを作成し、テナントごとに特定の脅威ハンティングアラートを展開し、きめ細かいRBACを使用して同じUIからすべてにアクセスし、効率的なリソース共有で拡張します。

SIEM tools

マルチサイト

機密データが国境を越えて移動するのを防ぐために、データを特定のサイトまたは地域に物理的に常駐させてください。GDPRなどの規制への準拠を維持しながら、単一のUIから完全な可視性を維持するために、集計統計が一元化されます。高度に規制された環境または柔軟性を必要とする複雑な企業で成長するMSSPに最適です。マルチサイト機能は追加費用なしで提供され、同じ単一ライセンスの下にあります。

cloud security

プラットフォーム

Network security

オンプレミス

すでに所有しているインフラストラクチャ、またはステラサイバーのアプライアンスを使用してオンプレミスに展開します。同じクラウドネイティブテクノロジーを使用して運用上の要求を満たすためにリソースをクラスター化します。

automated soc

クラウド

アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)などのパブリッククラウドを活用して、ステラサイバーrを展開します。

automated threat hunting application

ハイブリッド

オンプレミスとクラウドの任意の組み合わせを組み合わせて、セキュリティ運用に最適なアーキテクチャを実現します。

展開モデル

ステラサイバーは、その2つの方法について複数の展開モデルを提供します。
主なアーキテクチャコンポーネント、1)センサー および 2)データレイク (UIをホストする)
および クラウドベースのインテグレーション )が構成されます。

cloud detection and response

統合

ネットワークセンサー、セキュリティセンサー、およびデータレイクはすべて単一の物理マシンにインストールされます。オールインワン展開モデル向けのこのターンキーソリューションは、迅速かつ簡単にインストールできるように設計されています。

cloud security

分散

データレイクとセンサーは別々にインストールされます。データレイクはプライベートデータセンターやパブリッククラウドなどの中央の場所にインストールされ、センサーは環境全体に分散されます。このモデルでは、データレイクを複数の物理マシンまたは仮想マシンに展開してクラスターを形成できます。

cybersecurity

MSSP

データレイクは通常、MSSPによってプライベートデータセンターまたはファイアウォールで保護された仮想プライベートクラウド(VPC)に展開されます。マネージドサービスを顧客に提供するために、センサーはファイアウォールの背後にある顧客のネットワークとエンドポイントに展開され、インターネットを介してMSSPのデータレイクに接続します。